青年部

月の現日数-週休日の日数 「空白」の3月31日 知らないと損!

*通年で任用される臨時教職員の任期は3月30日で終わります。その人が同じ職場・職種で次の年度も引き続き任用される場合も同様です。また、年度途中から次の年度にまたがって任用される場合も3月31日は任用されない「空白の日」となります。
 そして3月の賃金は、日割り計算になります。

《日割り計算法》

今年度(2000年度)なら、「3月の現日数」は31日、「週休日(休業土曜日、日曜日)」は6日、3月30日までの任用なので、「月の途中までの現日数」は30日、「その間の週休日の日数」は6日となります。

▽よって給料の月額が20万円のAさんの場合、3月の賃金は
(1円未満は切り捨て)

▽もし、週休日の振り替えを1日行ったとすると、週休日が7日となり、
と、手取額は減ることになります。

  • また、勤務を割り振られている土曜日に指定休業日を振り替えると、1日と計算されるので、上記のように手取額は減ることになります。
  • 4時間の振り替えをとりたいときは、土曜日以外の曜日にすれば、半日しか計算されません。
Page … / 1 2 3 4 5
このページのTOPへ