事務職員部

新財務システムに関する申し入れ書

2005年9月9日

京都府教育委員会
教育長 田原 博明 様

京都府立高等学校教職員組合
執行委員長   寺内 寿
事務職員部長  太島 良一

新財務システムに関する申し入れ書

私たち府立高教組事務職員部は、憲法・教育基本法にもとづき、父母府民の教育要求にこたえ、生徒の学習権を保障し、京都の優れた教育を発展させるために教育労働者の一員として積極的に努力しています。財務会計電算化にあたっては、教育活動に支障をきたさない、事務改善・労働条件の改善につながる立場で事前協議とともに交渉を持つなかで課題の解決を計ってきました。さらに、新たなシステム変更については事前協議の対象、また労働条件に関わるものについては交渉課題であるという確認事項に基づいて、今日まで様々なシステム変更について協議等をおこなってきました。今回の新財務システムの計画にあたりこの立場で早急に事前協議をおこなわれるようここに申し入れると同時に当局の適切な対応を求めます。

1. 現時点での「新財務会計事務」システムについての検討内容について、早急に説明されたい。
2. 今回計画されているシステム変更等について、従来の確認事項に基づく事前協議及び交渉をおこなわれたい。
3. 今後とも、システム変更については事務改善・労働条件改善の立場で事前協議等をおこなわれたい。

以上

Page … / 1 2 3
このページのTOPへ