「類・類型」制度の破綻と教育課程づくり

 25年が経過し破綻しつつある「類・類型」制度について、学習討議資料「『「類・類型」制度の破綻と教育課程づくり」を発行しました。
 府教委は、「類・類型」制度の見直しをすすめていますが、学校長からのトップダウンの決め方で、「能力別クラス編成」によって、より生徒の競争と選別を強化しようとしています。
 府高は、各学校において「類・類型」制度についての総括運動と、何よりも生徒の実態や地域の状況を出発点にした教育課程づくり・学校づくりをすすめることを呼びかけています。
ファイルをダウンロード

このページのTOPへ