府立学校「職場9条の会」交流会


 一一月一五日、府立学校「職場9条の会」交流会がありました。向陽高校の加藤俊治さんの優雅なクラシックギターで開会し、古川美和弁護士による「憲法をめぐる情勢」についてのミニ講演を受け、参加者一人一人から職場での「9条の会」のとりくみや憲法9条への思いが率直に語られました。


会場には与謝の海養護の「ナインキャンドル」の写真や向日が丘養護の手作り9条グッズが飾られ、手作りケーキの差し入れもありました。交流では「授業の中で生徒から『平和が大事、憲法9条が大事、守りたい。そのために先生、総理大臣になってくれ。クラス二八人分全部、先生に入れるで』と言われた。テレビドラマ『CHANGE』のキムタクの影響もあるかな…」等の発言もありました。瀬戸内寂聴さんの講演も予定されている来年五月二日の「憲法9条京都の会」の憲法集会に向けて、すべての府立学校で学校・職場「9条の会」の結成と発展をめざすことを確認しあって、あっという間の二時間半が閉じられました。

このページのTOPへ