「JR山科京都間、痴漢えん罪事件」柿木さんの無罪判決を求める要請書

 2012年10月29日、京都地裁判決は、柿木浩和さんに対して、極めて不当な有罪判決、罰金40万円を下しました。京都地裁の裁判官は、柿木浩和さんとは、全く無縁の第三者からの証言も全く考慮せず、逮捕した警察官の証言のみを採用しました。

 本当に酷い判決です。民主主義社会と正反対です。こんなことが当たり前になれば、戦前のような権力絶対、警察絶対の暗黒社会に逆戻りです。

 一方で、柿木浩和さんと奥さん、家族の皆さんは、この権力に負けずに、毅然とした姿勢で大阪高裁に控訴しました。柿木さんを支援する人が、確実に増えていることも嬉しいことです。1/14には電車内の混雑状況を明確にさせ、警察官が明確に現認したとの嘘を暴くためのDVDづくりも行う予定です。

 無罪判決を求めるたたかいは、単に柿木浩和さんを救うだけではなく、誰もが穏やかに幸せに生きることができる社会づくりでもあります。添付の要請書をお読み頂き、署名へのご協力をぜひ、よろしくお願いします。(柿木さん署名

このページのTOPへ