障害児学校寄宿舎父母交流集会―子育てや寄宿舎に対する思いを共有―

 11月25日(土)、『障害児学校寄宿舎父母交流集会』を開催しました。会場には、父母・教職員を中心に、寄宿舎のない学校関係者や府会議員、口丹地域の市・町会議員の方も含め90人が集い、盛大な集会となりました。


 開会のあいさつ、基調報告を終えた後、昼食交流会では『手作りカレー』を食べながら、和やかな雰囲気でざっくばらんに日頃の子育ての様子などを交流し、また各校寄宿舎紹介で学校の歴史や近辺の様子、入舎生の状況や生活の様子を報告し、それぞれの学校を知り合う時間にもなりました。
 午後の子育て交流会では、三つの分散会でそれぞれ交流・意見交換しました。分散会終了後の全体会では、
 「家では甘えが出てしまうけど、寄宿舎ではみんながやってるから僕もやってみる、と自立にむけて一人でできることが増えた」
 「障害の違いはあっても子どもを育てる気持ちは一緒だと思った」
 「子育ては一人で頑張るのではなく、大勢の人の助けを借りてやっていってもいいのではないかと感じた」
 「どの子にも寄宿舎は必要なんだということを感じた」
など、子育てを通しての思い、寄宿舎に対する思いや必要性が感想として出されました。
 子育てについて交流しあう場が必要性であること、そして今後の寄宿舎のあり方等を考えていく機会として、父母との共同を継続することが重要だと、改めて再認識する集会となりました。
(盲学校分会 中村和彦)

このページのTOPへ