高校制度、入試、学校統廃合

「京都市・乙訓地域公立高校入学者選抜に係る懇談会」のまとめに対する見解

「京都市・乙訓地域公立高等学校入学者選抜に係る懇談会」は、6月26日に両教育委員会に対し、「まとめ」を提出しました。府立高教組は、この「まとめ」について見解を表明しました。(→見解はこちら

「京都市・乙訓地域公立高校入学者選抜に係る懇談会」の「まとめ」についての見解表明

6月28日、京教組と京都府高、京都市教組、京都市高、乙訓教組は連名で、6月26日に京都府教委と京都市教委が設置した「京都市・乙訓地域公立高校入学者選抜に係る懇談会」が両教委に対して提出した「まとめ」に対する見解を発表しました。見解では、あまりにも拙速な審議経過についての問題、現行の通学圏と入試制度の現状と問題点の分析が極めて不十分であること、単独選抜や「特色選抜」をすでに実施している山城通学圏で起こっている現状の検証がされていないことなどの問題点を指摘しています。両教委に対して、拙速な施策化をはかることなく徹底した慎重論議と「まとめ」を素材にして府・市民的な論議を起こすことを呼びかけています。(→くわしくはこちら

申し入れ書(要求書)を提出しました。

府高と定通部は、2007年度公立高校募集定員(定時制)と入試得点の簡易開示制度について、京都府教育委員会に対して、申し入れ書(要求書)を提出しました。
>>詳しくはこちらへ

大型公共事業偏重、お寒い教育予算~2007年度京都府予算をみる~

■六年連続の実質マイナス予算
●職員の退職手当の増加分を除くと、前年度比99・4%。

■教育関連は財源も国の予算の範囲内で「教育改革」にシフト
●基本的に国の施策や教職員定数の枠内で実施し、学校現場の実態・要望に合わない面があります。

»続きを読む

山城地域の高校入試「黒書」づくりとシンポジウムの中で明らかになってきたこと


「高校制度改革」の実験場として、山城通学圏の拡大、完全単独選抜入試による「高校入試制度」が改変されて三年が経過し、来年度からは再編統合や再編校の専門学科の募集もはじまります。南山城ブロックは、地元の義務制教組、「山城地域の高校統廃合問題を考える会」と共同して、山城地域の「高校入試黒書」づくりや一二月三日には「高校入試シンポジウム」にとりくんできました。

»続きを読む

5 / 512345
このページのTOPへ