京都府高ニュース

教育基本法改悪法案を廃案に!―11/29中央集会に2500人―


―府高からも七人の職場代表が参加―
 教育基本法改悪法案が審議されている国会前では、連日悪法阻止の座り込みやデモ行進に全国からかけつけ、国会を大きく包囲しています。11月29日にも、全教など四団体の国会前行動があり、全国から700人、府高から七人が参加し、座り込み行動と国会議員に対して要請行動を行いました。

»続きを読む

出会い語り学ぶ貴重な場―青年教職員学習交流集会―

 11月18日、19日に和歌山市で「全教近畿ブロック青年教職員学習交流集会」が開催され、180人を超える青年教職員が集いました。京都からは14人(府高から3人)が参加しました。

»続きを読む

障害児学校寄宿舎父母交流集会―子育てや寄宿舎に対する思いを共有―

 11月25日(土)、『障害児学校寄宿舎父母交流集会』を開催しました。会場には、父母・教職員を中心に、寄宿舎のない学校関係者や府会議員、口丹地域の市・町会議員の方も含め90人が集い、盛大な集会となりました。

»続きを読む

教育基本法を変えんとって―大阪高校生のひとことカード―

 大阪の高校生がつくる「たこやきからピース」という平和サークルが、「教育基本法を変えんとって」と安倍首相、伊吹文科相への「ひとことカード」運動に取り組み始め、集まった百枚余りを文科省に届けたそうです。新聞に紹介された声の一部を紹介します。

»続きを読む

障害児教育をすすめる京都集会憲法・教育基本法の理念を具現化させてきた障害児教育の歴史に学ぶ

講演憲法・教育基本法と障害児教育の発展的課題
茂木俊彦氏
 七月二日に、教育文化センターに於いて、「憲法・教育基本法守っていかして障害児教育をすすめる京都集会」があり、障害児学校・学級の教職員など六三人が参加しました。茂木俊彦先生(桜美林大学)の講演と三人の先生方によるパネルディスカッションを聞き、憲法、教基法を具現化させ、権利としての障害児教育を充実・発展させてきた歴史やこれからの課題などについておおいに学びました。なお当日の内容や参加者の感想は冊子にまとめますので、詳細はそちらをご覧ください。

47 / 47« ...1020304344454647
このページのTOPへ