平和・民主主義

府立学校「憲法九条の会」つどいのお知らせ

東京電力福島第一原発事故は、福島県の広範な地域の人人々が平和に生きる権利を奪い、県内外に転校を余儀なくされた児童生徒の数は25,751名(9/1文科省)にのぼっています。また放射性物質も広範に拡散し、京都でもホットスポットがあるという報道もあります。そしてなにより、15基の原発がある若狭湾から80㎞圏内に京都市がすっぽり入るという深刻な現実があります。                                          今回は福島に実家がある佐藤先生に報告していただきながら、それぞれの職場での活動を交流します。

日時:11月3日(木)10:00~12:00  終了後、「憲法のつどい」(円山音楽堂)へもご参加を

場所:京都教文センター301号(入場無料)

報告:「福島第一原発 西40キロメートルの風景」                                        講師:佐藤敏正さん(鴨沂高校)

交流:各職場での「九条の会」の活動資料を30部ご持参ください。

京都府高青年沖縄平和ツアー2010--その④

 

Uさんのお話

 京都府高組合結成60周年記念青年沖縄平和ツアーの連載です。

 今回は、元ひめゆり学徒隊の生存者で、ひめゆり平和祈念資料館資料委員のUさんから12月26日にうかがったお話の概要です。

編集部でまとめましたので、文責は京都府高にあります。

»続きを読む

京都府高青年沖縄平和ツアー2010--その③

京都府高組合結成60周年記念 青年沖縄平和ツアーの連載です。今回は、参加者の感想です。

随時更新します。

»続きを読む

京都府高青年沖縄平和ツアー2010--その②

 

シーサー

京都府高組合結成60周年プレゼンツ  

 沖縄平和ツアー。   

       日記風の報告レポートと感想です。    

     »続きを読む

京都府高青年沖縄平和ツアー2010--その①

 

辺野古

 京都府立高等学校教職員組合(京都府高)の組合結成60周年記念企画の一環として、12月26日から28日まで沖縄平和ツアーを開催しました。
 降りしきる雪を掻き分けながら、京都府下各地から15人の青年教職員が参加しました。
 
 日記風の報告レポートと感想です。   

 

2 / 3123
このページのTOPへ