学校づくり、教育・文化

みんなで行こう学ぼう 教育のつどい2008



教育のつどい2008(全国教研)が目前です。全国から「学び合いたい」と仲間が集まります。18年ぶりの京都開催です。与謝の海養護分会は、ステージでの合唱発表に25名以上が参加します。府内各地から多数の参加者があります。「みんなで行って元気を出そう」との話が出ています。特に、1日目の井上ひさし講演からは、民主教育の土台である憲法を深く学びとろうとの期待が強く出されています。(写真は08京都新歓。教育のつどいでも元気に歌いましょう)

開会全体集会  8月21日(木)みやこめっせ
茂山あきら氏一門 「創作狂言『教育改革』」
記念講演 井上ひさしさん
分科会 8月22日(金)・8月23日(土)
教育フォーラム 8月24日(日)

京都市内夜間定時制の募集定員増を

今春の京都市内夜間定時制の2次入学試験で76人の不合格者を出しました。高校教育を受けたいと願う人にとっての最後の砦である定時制高校への門戸は十分に広げるべきです。「京都の定時制・通信制教育を守る連絡会」は、8月下旬の公立高校募集定員発表にむけて、府教委・市教委に向けて「京都市内夜間定時制の募集定員増を求める請願署名」に取り組んでいます。8月上旬には提出しますので、みなさんのご協力をお願いします。
■市内夜間定時制の募集定員増を求めるビラ→ビラ(PDF)をダウンロード
■市内夜間定時制の募集定員増を求める署名
府教委向け署名(PDF)をダウンロード
市教委向け署名(PDF)をダウンロード

高校生春討 300人が集う



第56次高校生春季討論集会が、六月二二日、聖母女学院短期大学を会場に開催されました。当日は昨年に続く雨天でしたが、雨を吹き飛ばす元気な集まりとなりました。府内の高校を中心に障害児学校やオーストラリアからの留学生など、高校生と教職員、約三〇〇人が参加しました。北部の高校や障害児学校からは、いつもより早起きをして、バスなどを使っての参加でした。

»続きを読む

教職員がつながることのまん中に府高あり~就任にあたってのごあいさつ~

執行委員長  原田 久 (須知分会)

 

寺内寿前執行委員長の後任という緊張の中で、重責を担うことになりました。私が自らの非力をも顧みずに大役に立候補しましたのは、一人ひとりの教職員の「よい教育がしたい」という熱意が活かされ、安心して生徒たちとかかわれる、そんな学校づくりに少しでもお役に立てればという思いからでした。

»続きを読む

新しい希望をともに紡ぎだすために~退任退職にあたってのごあいさつ~

執行委員長   寺内 寿
今年度末をもって退職される組合員のみなさん、本当に長い間ご苦労様でした。府高の組合員として教職員生活を終えられることに敬意と感謝を申しあげます。そして、私もまた33年間を府高役員の一人として活動させていただき、この度、退任退職することになりました。長年のみなさんのご援助、本当にありがとうございました。

»続きを読む

7 / 9« ...56789
このページのTOPへ