学校づくり、教育・文化

大津の中学生2年生 いじめ自殺での全教アピール

 大津の中学2年生のいじめ・自殺について、全教のアピールを添付しています。ぜひ、ご覧ください。(子どもたちのいのちを守り、人間として大切にされる学校づくりをすすめましょう)。尚、京教組・教育府民会議でも、この問題を重視して、9/1(土)に、シンポジウムを開くことになりました。詳細は別紙(9.1 京教組シンポ)の通りです。ぜひ、ご参加下さい。

全教滋賀、滋賀高教組 子どものいじめ、自殺シンポの開催

 子どもの「いじめ」「自殺」を考える緊急シンポジウムが、8/12(日)14~16、大津市勤労福祉センターで開かれます。今回の事件についての見解も同時に発表されています。ぜひ、ご覧ください。(「いじめ」「自殺」を考えるシンポ)、(全教滋賀見解

第4回 自閉症の子どもたちの教育実践を交流する会

 3/10に、第4回の「自閉症の子どもたちの教育実践を交流する会」があります。毎回、大変、好評です。多数、ご参加下さい。詳しいことはチラシをご覧下さい。(自閉症の子の教育実践を交流する会

好評発売中 「フクシマから学ぶ 原発・放射能」 かもがわ出版

 3・11からもうすぐ1年になろうとしています。原発事故は、未だに福島と日本に暗い影を落とし続けています。一方で、文科省は、これまでの誤った安全神話を反省せず、原発・放射能についての新しい副読本を作成し、全国の学校に配布しています。今回、新たに出された「フクシマから学ぶ原発・放射能」は、生徒向けに書かれた大変、分かりやすいものですが、教職員にとっても必読すべき一冊です。ぜひ、沢山の皆さん、ご購入下さい。希望の方は府高本部にご連絡下さい。(フクシマから学ぶ原発・放射能 かもがわ出版)

第35次 京都女性教育研究集会

 2月18日(土)10:15~16,場所は「ガレリアかめおか」です。ジャーナリストの江川紹子さんの講演「私の取材ノートから」に期待が広がっています。日々、超多忙中ですが、府高口丹Bの女性部も集会成功のために奮闘中です。誰でも参加できます。ぜひ、多数の方、ご参加下さい。チラシ→(2.18 京都女性教研

2 / 912345... »
このページのTOPへ