未分類

好評発売中 「フクシマから学ぶ 原発・放射能」 かもがわ出版

 3・11からもうすぐ1年になろうとしています。原発事故は、未だに福島と日本に暗い影を落とし続けています。一方で、文科省は、これまでの誤った安全神話を反省せず、原発・放射能についての新しい副読本を作成し、全国の学校に配布しています。今回、新たに出された「フクシマから学ぶ原発・放射能」は、生徒向けに書かれた大変、分かりやすいものですが、教職員にとっても必読すべき一冊です。ぜひ、沢山の皆さん、ご購入下さい。希望の方は府高本部にご連絡下さい。(フクシマから学ぶ原発・放射能 かもがわ出版)

龍谷大学 雇い止め訴訟で勝利 元助手の嶋田ミカさん 職場復帰

  龍谷大学(京都市伏見区)で契約更新を前提に臨時教員として勤務しながら、雇い止めされたのは不当として元助手の嶋田ミカさん(48歳)が地位確認を求めた裁判の和解が昨年12月に成立しました。

 嶋田さんは、2007年4月、3年間の期限付きで龍谷大学経済学部のサービスラーニングセンターの特別任用教員助手として勤務。一昨年3月に雇用を打ち切られ、同年7月に提訴しました。和解では4月から新たに1年の期限付きで同大学研究助手として雇用されることになりました。喜びの報告集会で嶋田さんは「・・・和解内容が1年という期限付きで悩んだが、私のように使い捨てられることがないようにしてほしいというのが私の悲願・・」と述べられました。

 青森の長内さんと同じように、嶋田さんのたたかいは、私達に重要なメッセージを送ってくれました。詳細は→(龍谷大学雇い止め訴訟

日の丸・君が代訴訟 最高裁判決

学校行事で日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するように求める職務命令に違反したとして、懲戒処分を受けた公立学校教職員が処分取り消しを求めた上告審で、最高裁第1小法廷は、1月16日、「戒告を超える減給以上の処分の選択には慎重な配慮が必要」との判断を示しました。新聞報道と判決要旨は次から。12,1 最高裁 君が代

2 / 212
このページのTOPへ